不育症治療支援事業

[概要]

淡路市では、不育症治療を受けるご夫婦の経済的負担の軽減をはかるため、その治療費(検査費を含む)の一部を助成しています。

[支給内容]

<助成額>
医療保険が適用されない不育症の治療・検査に要した費用の2分の1の額
※助成回数は、1年度につき1回です。

[対象者]

以下の要件を満たすご夫婦が対象となります。

  • 治療期間及び申請日に淡路市に住所があり、法律上の婚姻をしているご夫婦
  • 2回以上の流産、死産または早期新生児死亡の既往があると医師に判断されているご夫婦
    ※指定医療機関はありません。
  • 治療の開始日の妻の年齢が43歳未満であること
  • 前年(申請日が1月から5月の場合は前々年)の夫婦合算の所得額が400万円未満であるご夫婦
  • 申請する年度において、他の自治体が実施する不育症治療費の助成を受けていないご夫婦
  • 国民健康保険またはその他の医療保険に加入していること

[申請できる人]

対象となる方ご本人

<必要な書類>

  • 淡路市不育症治療支援事業申請書兼請求書(様式第1号)
    ※印鑑(夫婦両方の別々の印鑑)が必要です。
  • 淡路市不育症治療支援事業受診等証明書(様式第2号)
    ある場合のみ:淡路市不育症治療支援事業受診等証明書(薬局用)(様式第3号)
    <入手できる場所>
    淡路市サイト、淡路市健康増進課窓口
  • 健康保険証の写し
  • 住民票の写し(ご夫婦の続柄が記載されたもの)
    ※3か月以内に発行されたものとします。
    ※別世帯にされている等続柄を確認できない場合は、ご相談ください。

[申請期日]

治療を実施した年度の末日(3月31日)

手続きなど詳しくは下記までお問い合わせください。
淡路市役所 健康増進課
淡路市生穂新島8番地
電話(直通)0799-64-2541

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく